上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.04.17 王妃の紋章
CIMG1100.jpg

「王妃の紋章」を観てきました・・・
監督は、チャン・イーモウ
中国は後唐の時代  王家の一族の愛憎の物語
・・・と言いましても、史実のものではありません
国王・・・チョウ・ユンファ(アジア一の俳優と評され、現在はハリウッドに活動拠点を移す)
王妃・・・コン・リー(活きる、きれいなおかあさん、紅夢などに出演)
第一王子・・・リウ・イエ(山の郵便配達の息子役)グレー系の衣装、向かって右。
第二王子・・・ジェイ・チョウ(作曲家として活動後、シンガーに。その後俳優と多才)
第三王子・・・チン・ジュンジエ(この映画がデビュー作となる新人)

「外は黄金 中は毒」と副題のごとく
王家一族のそれぞれの思惑、陰謀、愛憎・・・
全員がそれぞれに秘密を持ち、策略をめぐらし、殺意を抱きあう凄まじい人間模様
CIMG1098.jpg

愛憎はいくつもの悲劇を生み、やがて国中を巻き込んで
奈落の底に落ちていく華々しいまでの王家の崩壊
CIMG1096.jpg

取付かれた様に、菊の紋章を刺繍する王妃
これが、ストーリーの終盤で「王妃の紋章」であることがわかる
それは、復讐の「証」でもある
         ・
         ・
         ・
         ・
         ・
ご覧のとおり、衣装の豪華さ、セットの豪華さに圧倒されて見終えました

ご存知の通り チャン・イーモウ監督は北京オリンピックの開会式、閉会式の
総演出も手がける予定ですネ
まさか、まさか映画のような黄金色の演出は無いかと思いますが
やはり中国色と言うのを前面に出しての演出になるのでしょうね・・・

じつは、チャン・イーモウ監督は大好きですが
どうしても、一昔前の「初恋が来た道」「活きる」「きれいなおかあさん」などの
イメージが私の中では大きくて、昨今の「HERO」などの作品は大作と知りつつ
好まないのだよ・・・今回の映画も、確かにすごい映画です!
役者陣も、一流揃い!!言う事無い!
でも、でも、私的には今一度元の路線に戻って欲しい。。。なんて思ってます

そうだ!!余り良い写りではないのですが、女官と兵士の衣装の現物が展示されてました
CIMG1088.jpg


そして、こちらが兵士の衣装
CIMG1090.jpg

う~~ん、やっぱりイマイチですね




続けて・・・今日、17日。
息子とこんなところへ行ってきました
CIMG1093.jpg

息子のリクエスト!!
今日の出演者は・・・ハリセンボン、オリエンタルラジオ、タカ&トシ、ロバート、
            インパルス、キングコング、大木こだまひびき
後半は吉本新喜劇。
笑った~~~
タカ&トシがお目当てで行ったのですが、上記のメンバーですので
まあ、すごい人の入り!!
立ち見の人まで居ました・・・
これで3回目、比較して思うのはお客の入りが良いと
出演者の意気込みがかなり違う!!
テンションの高いこと、高いこと
舞台の空気が、ものすごい熱を帯びてくるの~
笑いすぎ、マスカラが落ちないかと心配でした~~
(ウオータープルーフで良かったわ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://orientalniko18.blog101.fc2.com/tb.php/128-ddf0b3d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。