上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.28 日向ぼっこ
真夏の太陽には あれほど悩まされていたのに
最近の陽射しは ぬくぬく・・・
CIMG1647.jpg

                ・

                ・

                ・

                ・

                ・


気持ちいいね~~~
CIMG1648.jpg

          小春日和だにゃ

どれどれ・・・ここらで私も一休み
コーヒーでも飲みますか・・・

スポンサーサイト
お天気の良い日を選び、出かけてみました・・・
CIMG1615.jpg
遠くに見える橋、その向こうにはボート乗り場。
ここでカップルがボートに乗ると別れる、、、
そんなジンクスがあります。

CIMG1610.jpg
手前に一直線に並ぶカメさん・・・お天気いいので甲羅干しです。

CIMG1620.jpg
幹の太さに、「時」を感じます。
幹に這う苔、さらにそこから芽吹く植物・・・

CIMG1624.jpg
水面が揺れて、行きかう人の姿を映します。

CIMG1619 の補正
弁天様に手を合わせ、二十数年の歳月を思い起こします。

CIMG1613.jpg
「君達は、いつからここに?」
   
                     ・
                     ・
                     ・
                     ・
                     ・
ここは、「井の頭公園」
二十数年前、まだ娘時代に何度か訪れた公園です。
記憶の中にある風景です。
でも、時を経て 再びこの場所に立ち
「何かか違う!」と感じます。

もっと広かったような・・・
私の中の残像と噛み合わない。

ここが変わった? 私が変わった?
CIMG1617.jpg
変わったのは「私」だろうな・・・

同じ場所なのに、記憶の中の場所で「遊ぶ」私が居た・・・
     
2008.10.14 紅葉狩り
連休を利用して、連れ合いが大分から帰りました。
12日日曜は息子がTDLに行きたい!と予てから希望しておりましたので、
二人で出かけました。翌13日は、私と紅葉狩りへ・・・・
先日、ニュースで「日光、竜頭の滝の紅葉が見ごろ」と聞きましたので、
日光へ行きましょう!!
天候に恵まれて、とても気持ち良いお出かけとなりました。
CIMG1553.jpg
青空がとてもきれいです・・・風も無く、気温も高からず低からず
でも、でも、皆さん考える事は同じのようで
超、超、超、混雑していました

駅前で東武バスの人が、拡声器を使い必死に
駅から吐き出されてくる観光客に情報を伝えます。

「いろは坂方面は、通常1時間半から2時間で行ける
行程が、渋滞により6時間掛かっています。
日帰りで予定されている方は、戻れない可能性があります。
行程の変更等、今一度お考えください」

「ふん、ふん、、、、え~~~それって
私たちのこと~~~???」
そうです、、、私達の目的地は「竜頭の滝」
まさしく渋滞しているコースそのもの。
残念ですが、諦めましょう・・・・
コースを「霧降高原」方面へと変更して、
「さあ、出掛けましょう~~
CIMG1554.jpg
と、その前にお弁当お弁当・・・
急ぐ旅でもないので、駅構内で購入した鱒寿司を
青空の下で広げ、ついでに頭上の紅葉を楽しみ
お昼ご飯を済ませました。。。

さてさて、駅前からバスに乗車・・・
10分から15分ほどで「霧降高原」に到着。
リフトに乗り込み「キスケ平展望台」を目指します。
CIMG1565.jpg
結構、赤くなってるではありませんか~~
これは期待出来そうですね
CIMG1556.jpg
こんな感じで登って行きま~~す!!
なお、友情出演は連れ合いと通りすがりの観光客です。

登る途中の「紅葉」を楽しみました・・・・
CIMG1557.jpg

CIMG1558.jpg

CIMG1564.jpg

CIMG1571.jpg
風も無く、穏やかな日和で、青い空と白い雲
そこに紅葉・・・このコントラストがすごく綺麗。

3回リフトを乗り換えて、着きました~~~
「キスケ平展望台」 標高1600メートルからの
すてきな眺望です・・・・
CIMG1569.jpg
遠~~くに見えるのが、鶏頂山と那須連山ですね。
CIMG1570.jpg
下手に見えるのが、今市市街地でしょうか・・・
CIMG1559.jpg
そして、東京方面・・・もう少し右に首を振ると
富士山が~~~見えるはず!
残念、ちょっと無理でした・・・・

ものすご~~~く気持ち良くて
連れ合いも「いいね~~、来て良かったね~」と
満足そうです
二人で、深呼吸です・・・すう~~~はあ~~~

栃木に住んでいた20年程前のことを、どちらからともなく
話題に・・・・・懐かしいネ・・・
CIMG1572.jpg
帰りは、こんな「けものみち」のような所を下りました。
CIMG1576.jpg
途中、後ろからカウベルを腰に下げた人が
追い越して行きました。
山歩き、ベテランと見えて足取りの軽やかな事!!
「こんにちは~~」と、風のように追い越していきました。
カウベルは、熊除けですね、、、連れ合いが、この辺も出ますか?
と聞きましたら、笑って「いや~大丈夫でしょう。もっと上ですね」
安心しました~~~
こんなところで熊に会いたくありません。
CIMG1575.jpg


竜頭の滝、、、諦めて、残念でしたが「霧降高原」も
なかなか良かったです
とても良い気分転換になりました。

この後、駅前まで戻り世界遺産の「日光東照宮」へ・・・

先日、マンション管理会社からこんな連絡がありました。
読んでみてください。。。
CIMG1535.jpg
どひゃ~~

「カニ」ですよ~~「カニ」
朝、目覚めたらベランダに「カニ」が這っている・・・
そりゃ~驚きですね~
処理した・・・どうしたのかしら??
捨てたの? 食べたの?
読んだ時は、ビックリでしたけど
我が家のベランダに這っていたら良かったのに~~~

お取り寄せでもしたのかしらね~~?
でも、元気な「カニ」ですね。
夜な夜な、逃走を企て 実行に移したのでしょうね~

「カニ」は横歩き?ですよね?
だとしたら、同じフロアの方かな~~~?

家にも「寄ってたんせ~~~」
CIMG1533.jpg
ね~~なゆた!!
カニ鍋するよね~~~
2008.10.01 共存・共生
珍しく満員電車に乗り合わせた・・・

どの程度の混み具合かといいますと
ハンドバックから手を離しても、そのままの状態で維持できる。
もしくは、離れていっても我が意思に添うように動かせない、
そんな混み具合でした。

こんな時は、電車の揺れに逆らわず多少(いや多いに)
不快な思いをしながらも
致し方ないこと、、、と我慢の子に徹する。

しかし、稀にこんな御仁が傍に居たりすると
胸中穏やかでは居られない・・・

どんな御仁かと言いますと・・・・
「抵抗勢力」であります。
大方の人は、電車の揺れによってお隣の人が
寄り掛かって来るのは、「鬱陶しいが仕方ないなあ~」
と,辛抱する。
しかし、かの御仁は掛かりし力の倍の力で押し返してくる。
まあ、その「抵抗勢力」には恐れ入る限りである。

そんな御仁の共通する行動は・・・
乗り込む時から違う、まず混んでいようがお構いなく
自分の身を置くスペースを確保するため
人をかき分けかき分け奥へと進む。
そして、ここぞと立ち位置を決めたら揺るがない!
その御仁にしてみたら、この陣地に入り込む周囲の人こそ「抵抗勢力」
かくして目的の地に到着するまで、その陣地を死守するべく
「戦う」のである。
押されたら倍の力で押し返し、足を踏ん張り、
時にスルリと身をかわし、倒れ掛かる人が居ても我関せず!

なんとも子供じみた、陣取り合戦です。
私なぞは、そのおじさんの人生までも想像して哀しい気分になる。
(お~お~大層な。暇なだけ、と言えばいいものを)

背広姿の背中を見て、
会社でいろんなものと戦い、電車で戦い、家に帰れば
奥さんや子供との間で戦い、はたして休まる時があるのかしら?

こんな了見の狭い人、、、ひとかどの立場にある訳ない。
いや、自分が勤めていた頃を思い返しても
仕事の出来る、人徳も厚い上司などそうそう数はおらなんだ・・・
としたらば、この人の下で働く部下はお気の毒。
(この際、部下の出来不出来は棚上げとして・・・)

なんて妄想をとめどなく続け、かの御仁の奥方まで登場するあたりで
ふと、我に返り なんとも哀しくなるのであります。

「共存・共生」
共存・・・異質のものが衝突することなく、同じ場所で存在したり
     生存したりすること。
共生・・・二種の違った生物が一緒にすむこと。


こんな言葉をふと思い出した・・・

そして、我が家の「共存・共生」
CIMG1531.jpg
壁の引っ掻きキズ・・・
なゆたとチャコが我が家に来てすぐの頃作ったもの。
これはたまらん!!と、家主が思案。
CIMG1530.jpg
元親さんから頂いた爪とぎ、、、
ずいぶんこなれていますが、これだけじゃ足らない様子。
と、言う事で「ネコタワー」の出現。
CIMG1529.jpg
ほ~ほ~随分いい感じに使いこなしてくれてます。
CIMG1528 の補正
ここまで来ると手触りも良くなり??益々、カリカリカリカリ・・・・
CIMG1516.jpg
「エライぞ!!」「君達は、厳しく躾けた訳でもないのに
キチンと共生・共存するべく所作を心得ておる!!」

人も見習わなければいけない、とにゃん達に教わるのでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。