上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CIMG0295.jpg

ジブリの絵職人 男鹿 和雄展 に行ってきました


男鹿氏は ジブリ作品の背景画を手がけた人と言えば すぐ理解していただけますね  
作品を揚げると(TV関連)
・侍ジャイアンツ
・はじめ人間ギャートルズ
・ガンバの冒険
・あしたのジョー2
・ユニコ
・時空の旅人
・妖獣都市

次に 映画関連
・となりのトトロ
・魔女の宅急便
・紅の豚
・おもいでぽろぽろ
・平成狸合戦ぽんぽこ
・耳をすませば
・猫の恩返し
・もののけ姫
・千と千尋の神隠し
・ゲド戦記
・ハウルの動く城

現在は ジブリを離れて絵本の挿絵などを手がけておいでです
男鹿氏は 秋田の出身 昨日TVでご本人を拝見しました
穏やかで 優しく 誠実なお人柄を思わせる静かな方でした

「もののけ姫」を見たとき 白神山地の山々 十二湖の中の青湖 など
私が見たことのある故郷がそのまま画面に表れ 目も心も奪われた事を
思い出します
今日 他の作品も見ましたが 田舎の原風景 雪景色 山々の姿・・・
故郷に繋がるものばかりで 男鹿氏との共通項を見出し 嬉しくなりました

「おもいでぽろぽろ」を完成後 男鹿氏は苦悩していたことを知りました
この映画 私も見ましたが背景の美しさをとても強く感じた映画でした
朝露に濡れた紅花が 朝日を受けてきらめく様子は今でも 
鮮やかに蘇えります
実は 男鹿氏はこのことで悩んでおいでだったとのこと
背景画として完成度が高く 懲りに懲り過ぎ 次に何をすればいいのか
分からなくなってしまい 前に進めなくなっていらしたと
「描き過ぎず 不足過ぎず」・・・このことに気づき 次の作品へと
繋がっていったと知り なるほどと感じました
背景画ですから その上で主役が映えない事には 本来の役目を
果たしたとは言えないと言う事ですね

でも 今日は背景画(原画)のみを見てきたわけですが それだけで
十分作品として存在しているのです
緻密で 繊細で 優しくて 強くて 懐かしくて・・・
まさしく職人の技です 

地下鉄「清澄白河駅」の壁画です 作者は忘れましたがこの方の絵も好きです
・・・思い出しました 「中島 潔」でした

CIMG0293.jpg

美術館は とても混みあってましたが いい時間を持てました
CIMG0294.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。