上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普段 移動手段は「歩く」「バス」「電車」
「バス」を利用する時に感じる事
概ね 都バス たまに 〇成バス
都バス これは かなり運転手の指導が徹底しているのか
安全な速度が守られ 発車時 停車時のブレーキ操作もソフト
(稀に 該当しない方もおいでだが・・・)
問題なのは 〇成バス 頻度とすれば 少ないのだが
いつ乗車しても 急発進 急ブレーキ・・・座っていれば
さほど苦にならないが 残念ながら座席が無いときは
自身の身を安全に保つ事に かなり気を取られる
夏場等は 外で汗だく 車内でも汗だく(結構 踏ん張るもの)
そんなバスにも お年寄りは乗車してくる
車を運転出来ないお年寄りは むしろバスでの移動が多い

冬のある日の 〇成バスの中の事
優先席は お年寄りで満席 立ってる人も10人ほど
優先席に座っていた マスクをしたおじいさん 次で降車するため
ボタンを押した 車内アナウンスでは「危ないので バスが止まってから
席をお立ちください」のアナウンス・・・しかし
マスクのおじいさん まだ停車していないにも関わらず
席を立ち出口へ移動し始めた・・・前に立つ人を かき分けるような状態で
出口を目指すおじいさん・・・と そこへ立って居た同年代風のおじいさんが
一言声を掛けた「まだ 動いているから座っていたほうがいいよ きちんと
止まってから準備しても大丈夫だから・・・」
突然 マスクのおじいさん怒り出した「次で降りるんだから 移動して
何が悪い!私は気をつけているし危なくない!!」
しかし 誰でも経験あると思うが こういう場合 道を空ける立っている
人の方が危険な目に合う事が多い その人が通るために一瞬 手放し状態に
なってしまったり 不自然な体制中にブレーキとなれば 老人ならずとも
ヒヤヒヤすることがある
声を掛けた人は その事を言いたかったのだが マスクのおじいさんは
足元危ないのにフラフラした!!年寄り扱いされた!!で 怒り心頭
それは それは 激しく怒鳴るたびにマスクがプカプカ 口元から
離れる 激高ぶり 「自分は 少しでも降車に時間を掛けないように
事前に準備して 皆さんに迷惑掛けないようにしている!!」
相手のおじいさんは あくまでもゆったりと「いや いや 自分も同じところで降りるし 先をあせらなくても・・と声がけしたまで」
そんなやりとりが 1分ほども続いたかしら・・・口げんかは収まらないまま
二人とも同じ停留所で降りた・・・さて と車中の乗客は二人の行く末を
観察・・・良かった 右と左へと別れて行かれました(ホッ)

別の日の 〇成バス車内
混雑していて 私は優先席前に立っていました
後から乗り込んできた 杖のおばあさん かなり足元おぼつかない
私の前を通り わが身の安全を確保すべく 手すりの傍へ一目散
その時 杖で私の足を思い切り踏んだ事など 全く眼中に無い
「しょうがないなーー」と痛みを堪えていると 私の前の優先席に
座った 口紅真っ赤なおばあさんが 嫌な顔して 杖をポンと払いのけた!
杖のおばあさん 「何するんですか!!私はコレが無いと 満足に立って
いられない状態なのよ!!」←確かに 危なっかしかった
口紅のおばあさん 知らん振りしてそっぽ向いていらっしゃる
杖のおばあさん 続けて「なんて ひどい人!!」
そんな険悪な 空気をものともせず ○成バスの運転手は
相も変わらず アクセル吹かし ブレーキは思いっきり
揺れてる私は 足の痛みに耐えながら前に後ろに踏ん張る(/_;。) ウッウッウッ

で 「遊び」の話・・・ハンドルにも ブレーキにも「遊び」がある
人にも「遊び」の心があれば 先の2件は もう少し違った結果になったかも
でも 1番は 運転手・・・あなたですね  
「もうちょい 遊ぼうよん」と聞いて ホントに運転中遊ばれたらたまらない
言葉は難しい 「遊び」を楽しめるかどうかは 心次第のようですね
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。