上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.26 栃木で
「はじめに」で記したように 
連れ合いと結婚して 初めて赴任したのが栃木県
宇都宮市の隣町 田園風景が広がり 夏には自宅前の用水路に
蛍が飛び交い 花火は自宅の前の田んぼで上がる(あまりの音に
娘がひきつけ起こしそうだった) 近隣の農家のお母さんが野菜を
自転車に乗せて売りにくる 雷雨が突然襲い まるで亜熱帯気候のようだった
たとえすぐそこのスーパーでさえ 洗濯物を出しっぱなしでは
出られなかった その雷雨が三日三晩続いたら 気がつくとヒタヒタ
ヒタヒタ玄関に水・・そうです 床下浸水(泣)
生まれて初めての経験 連れ合いは仕事で緊急招集がかかり
生後半年の娘を抱え 成す術もなく右往左往
ひたすら雨脚の弱まるのと 玄関の水の水位が下がるのを祈るのみ
生きた心地しなかった
「雷」と言えば 地元の人が落ちるから風呂には入るな!と、、、
本当だったのかな? 屋根に避雷針を立てている家が多かった
集落になっている地域は別だが 四方を生垣に囲まれ お墓もその敷地内にある  そんな造りの家もかなり有り お隣の家まで車で移動ナンテ世界でした

御料牧場の存在を知り 随分通いました
別に 皇族の追っかけをやってたわけではありません
ピクニックには もって来いの場所なんです

日光の戦場ヶ原 所帯を持って間もない頃で
当時エアコンも持たない貧乏所帯でしたから
夏場 週末と言うと涼みに出かけました
お金は無かったけど 夢はたっぷりでしたなア・・・
今? はい どっちもありません!

赴任したときは二人でしたが 次の任地へは三人でと
同行人数も増えたのでした。。。(チャン チャン♪♪)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。