上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.24 摩訶不思議
不思議な不思議な体験の話・・・

。。。数年前 新宿で友人と待ち合わせ
目的までは 記憶にないが 
まだ日が落ちていなかったことは覚えている
程なく 現れた友人と連れ立って 西口の雑踏の中を歩く
学生時代の先輩 バイト先で知り合った仲 
気心が知れていることもあり
たわいにない会話 
談笑しながら 歩を進める

行きかう 人、 人、 人・・・
混雑で ぶつかるほどではないにしても
ここは 新宿 いつだって 人がいる
歩く、、、歩く、、、

ん? 視界前方に 気を取られる
何か 不思議な光を放つものが
こちらに近づいてくる  近づいてくる
まだ 光の存在が何かは確認出来ない
目を凝らす(私の視力 自慢じゃないが2.0の記録有り)
来た 来た・・・
なんざんしょ???
頭が光っている???
かなりご高齢の紳士  恰幅の良い体
仕立ての良いスーツ  靴とて良質の物と見て取れる

しかし  しかし・・・
頭  ツルツル しかも
油性マジックで 綺麗に黒々と塗りつぶしている
本来 髪の毛のある場所を  キッチリと

目が点 呆然と見送る私
すれ違った直後 ふと友人の存在を思い出し
「今の何?」の視線を送る
友人は 何事も無かったように 会話を続けている
見ていなかったのか 私にだけ見えたものだったのか
「見た?」と一言  友人「ん・・」とうなずく
白昼夢ではなかった  そのことに ホッとして
記憶を流した、、、
しかし あれは何だったのか、、、

その日 西口「◯るが」でのお酒は 妙な味がした、、、
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。