上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.12.16 自立への一歩
今年の夏から、「移動支援制度」を利用してヘルパーさんと契約した事は
以前も記事にしました。
今までは、カラオケ、ボーリング、買い物、食事、イベントなどへ同行して
頂いていました。
今回は、少し冒険です。「東京デイズニーランド」で一日過ごす!
15日、息子はお休みです。その日に決行となりました。

そこにたどり着くまでのアレコレ・・・・
11月、外出を控えた月でしばらくご無沙汰していました。
久々に利用計画を告げに電話すると、今まで担当だったヘルパーさんが退職。
福祉の現場は、入れ替わりが激しい・・・とは聞いておりましたが。
一応、当方の希望を伝えたところ、人員の確保を確認の上折り返し連絡との事態。
しばし待った末、男性ヘルパーを予定しているがそれでよろしいか?の確認。
当初契約時に男性ヘルパーと希望を出していたので「快諾」
無事、決行となりました。

昨日、朝事業所の責任者とヘルパーさんがお迎えにみえる。
三十代中頃の優しそうなお兄さんヘルパーさんでした。
この場がお互い初対面・・・そして、息子はこのヘルパーさんと
ほぼ一日を過ごしてくるわけで、少し緊張しているのが分かりました、
母も不安は隠せません、「ええ~~~い!!」てな気持ちで送り出しました。
事前に、息子の「取り扱い説明書」?をFAXで送っていましたので、
なんとかなるでしょう~~~(笑)

息子の希望は、夜のパレードを見てからの帰宅。
もしかしたら、途中で帰ってくるかな??と母は待機していましたが、
昨夜9時半ころ帰って来ました。
もちろん予定していたアトラクション、パレード全てクリアしての帰宅です。
ヘルパーさんの報告によりますと、園内は全て息子のリードで動き
とても効率良く回れました、助かりました、、、なんておっしゃる。
ヘルパーさん、TDLは未体験。手探り状態でしたが、息子が全て
教えてくれた、、、とのこと。
母は嬉しいけど・・・へ~~~??と驚き。
別に、息子を信頼していない訳じゃないけど。帰宅後の息子は
と~~~っても自信に溢れた顔であれこれ説明してくれる。
嬉しく聞きながら、「もしかしたら、優しいお兄さんヘルパーさんの
マジック???後で、ネタばれして元の息子に戻る??」なんて思いました。
あはは~~シンデレラじゃあるまいし~~優しいお兄さんヘルパーさんは
一夜明けたらネズミに戻ったりして~~~(どこまでもアホなオカンです)

「自立」に向けての一歩です。
年が明けたら「成人式」・・・・息子なりに大人になろうとしている事を
幸せに思います。
「ハンサムスーツ」も準備したし、当日が待たれます。

実は、先週から息子の母校の後輩が「実習」に来ています。
同じ担当部署で一日を過ごしています。
不況、不況と巷は大荒れ・・・一番に余波を受けてしまいそうな
弱い立場の息子達。 春の再契約があるのかな??なんて
心配がよぎったりします。とても、きつい仕事です。
案の定、後輩の感想は「大変だ~!」 息子は普段から痩せていますが
この時期は少し体重を盛り返す時期・・・でも、逆に減ってるし・・・
連れ合いと、「頑張って欲しいね」と応援しています。
「働く」ことの大変さと、「働く」ことの大切さ・・・
どちらも感じて欲しいです。
肉体的には辛くても、息子は精神的には随分成長しました。
そんな姿を見ていると、親のほうが教えられることのほうが多い気がします。
育ててもらってます・・・
CIMG1680.jpg
「はい、はい、あなた達も育ち?たいのね~」
エサの催促は怠らない なゆたとチャコです。
スポンサーサイト
2008.11.08 ヘルパー
久々に息子の話です。

仕事は2年目となり、前年とは格段に違いを帯びています。
前年までは、週休2日に加えて 仕事の量に応じてお休みが追加され
週3日の休みがあったりしましたが、今は週休2日が固定され
残業までしてきます。
日の短くなった最近はとっぷりと日が暮れてから帰宅です。

顔つきも社会人らしく・・・う~~ん、どこがどうと
表現が難しいですが、キリッとしてきたように思います。
親のひいき目だったりして・・・・(汗)

職場が落ち着いてきたあたりで
「ヘルパー」利用を試みております。

これは「移動支援事業」を利用したもので、
本人の余暇の時間の使い方を広げるためのものです。

例えば、映画が観たい、カラオケに行きたい、コンサートに行きたい等々・・・
本人の自立への手助けとなる制度です。

今年7月からヘルパーさんと一緒に、
カラオケ、ボーリング、イベント、映画などに同行していただいています。

丸4ヶ月が過ぎて、だいぶ慣れてきました。。。
当初は結構トラブルが有りました。
ま、大した事では無いのですが 最近ようやく歯車が噛み合うように
なってきたようです。

ヘルパーさんを通して「介護」の現状などをお聞きすると、
私自身、いずれお世話になるであろう「介護保険」の実態なども
見えてきたりで、勉強になります。

様々な事業所がありますが、内情はやはり知人からの情報が頼り。
区役所から一覧表をいただき、知人が利用している様子を聞き
その上で契約、、、としましたが、当初こちらの希望は息子と同年代の男性ヘルパー
でした。しかし、ヘルパーの現状は格段に男性が不足している。
これは、利用してみて初めて判ったことです。
ヘルパーさんの仕事の主だったものは、家事の補助、掃除、買い物、身辺の介護
内容的に女性が普段こなしているような内容ですからね。

当初、息子自身も照れがあったようですが
ヘルパーさんの役目を伝えたところ
理解出来た様で、楽しみながら外出しております。
年齢的には、十分自立していておかしくない年齢ですが
ひとつひとつ社会勉強です。
いずれは通勤寮から職場へ・・・さらにはグループホームから職場へ、
そんな将来の青図を描いています。(←あくまでオカンの夢)

CIMG1638.jpg
     ま~~るくまるく まるくまんまる
***まるまると まるめまるめよ わが心 まんまるまるく まるくまんまる***

親の手を離れ、いろいろな人の手をお借りしながら
息子の人生を生きて欲しい・・・
2008.07.31 振り返る
CIMG1434.jpg
昨日、30日発売されたCDです。
息子が大好きな番組から出たユニットで「陽は、また昇る」という曲。
♪頑張れ 日本  凄いぞ日本  頭のいい国 日本♪
息子は仕事ですので、オカンが代わって買いに走りました・・・
なんだか元気が出そうな曲で、息子へのエールになればいいね。


ここしばらく、息子の件で時間を取られておりました。
また、トラブル? いえいえ御安心ください。
二十歳の誕生日を迎え、役所に提出する書類が有り
そのことで頭はいっぱいでした。
誕生日から3ヶ月以内に診断書も書いていただく手配もあるもので・・・
いつも思うのです。。。役所への提出書類のなんて煩雑で複雑なこと!!
親が健在のうちは仕方ないとしても、居なくなったら本人に書けと言うんか!!
ブツブツ・・・文句を言いながらの作業です。

さて、真っ白な書類を前にどこから埋めて行こうかと四苦八苦。
息子の二十年を振り返る作業・・・年次の確認、記憶の掘り起こし、出会った人々、
繋がる思い出になんどもなんども筆が止まり、テイシューで鼻をかみ(コホホ・・)
気持ちをリセットして再度書き込みに取り掛かる、、、
スラスラ・・・進む訳がありません。

息子を通して、実にたくさんの方々と出合いお世話になり、改めて歩んできた道を振り返ると
「感謝」という言葉で自然に頭が下がります。
折々にとても大切な出会いがあり、まず思い出すのは初めて受診した病院の先生。
成長に不安を抱えたまま4歳過ぎまで、各種相談機関で集団指導やカウンセリングを
受けながら育てていましたが、幼稚園入園が目前にせまり、病院で診断を仰ぐ判断。
当時、愛媛県松山市に居ましたので市内の病院で受診。
そこでの先生の所見は「様々な検査の結果異常ありません! しかし、発達に
遅れがあることは事実です」
私・・・「先生、私に何が出来ますか? この子に何をしてやれますか?」多分、むなぐらくらい
掴んでいたかも。
先生「ありません・・・特別なことは何もありません。子供の成長に見合った教育の場を
その時々で考えてあげてください」
   「稀に、子供の為と称してあちらに良い先生が居ると聞くとあちらへ。こちらに良い病院が
あると聞くとこちらへ。一家総出で何もかも犠牲にして奔放されるご家族がおいでになるが、
これはどうかと懸念します。育てるのは、病院でも指導者でもない家族です。」

帰りのタクシーの中で、先生の言葉を反芻しました。
きっと、血眼になって翻弄する私の姿が先生には見えていたのでしょう。
言葉の意味を、折りある毎に考えました。
そして、この時の先生の言葉をバイブルに息子を育てたと言っても過言では
ないくらい、いつもいつも反芻していました。
成長曲線の緩やかな息子、焦る余り無理を強いる私・・・頭では理解したつもりでも
感情が抑えきれずに「出来る」ことを求める私。
キョトン、、と見つめる息子、そんな時です、リピートされる先生の言葉。
原点に立ち還る・・・そんな繰り返しで息子と向き合っていました。


後に、知人でいつもお嬢さんにヘアバンドをしている人がおられました。
おしゃれ目的にしてはどうか?と思う幅広で、色も冴えない。
女性の方でしたら、洗顔の時に使う幅広のヘアバンドを想像していただければ
分かりやすいでしょうか・・・
つい聞いたことが有りました。知人「著名な先生の、が入ってるの。
予約待ちでなかなか会えない先生なのよ!」
笑えません。。。母親はいつも必死なのですから。ただ、言える事は
子供が望んだ選択だったらいざ知らず、親の満足から施したヘアバンド
だとしたら、それはやはり違っている。
子供が正しい選択眼に欠けるとしたら、よほど親が注意しなければ
ならない!という事。


たくさんの方からお力を借り、お知恵を拝借、苦しみながらも迎えた二十年です。
ひとりではなかった、いえ ひとりでなんか生きられないのです。

そんな気持ちも含めて書いた書類・・・
28日、診断書を依頼する先生に目を通していただきました。
「いままで、何通も何通も目を通してきましたが、こんなの初めて!」
それもそのはず、極小の文字でビッシリ(読むのが嫌になるくらい)
2枚にわたり書き込んだのですもの(疲れた~~)
でも、こんな親でもまっすぐ信じて付いて来る息子の二十年です。
端折ったり、省略したり出来ませんでした。
親として成人した息子に出来る、最後の大きな仕事です。





2008.07.12 誕生日
 今日は息子の誕生日です
無事、二十歳を迎えました。
と、言っても本人仕事。せいぜいお夕飯を奮発してお祝いしたいと思います

まだ、息子の役所に提出する書類未完成。
息子の二十年を振り返る作業、、、、遅々として進みません。
清書するまではまだ時間が掛かります。
じっくり じっくり 進めます。。。

そばではニャンズが・・・・
CIMG1409.jpg

踊ったり・・・・・
CIMG1411 の補正

笑ったり?・・・・
2008.06.01 優勝
CIMG1295.jpg

水泳大会でした。。。
自由形でみごと1位 金メダルを貰いました
小5から行きはじめた水泳教室、足掛け9年になりますか・・・
1年に一度、日頃の成果を試す場です。
今日のタイムは 42秒35 今までの自己ベストでした


自由形直後の平泳ぎは、残念ながら4位で入賞ならず。
立て続けのレースは酷だったよね・・・

やはり、メダルは嬉しかったようです。
連れ合いにも、友人にも写メで報告。
充実した日でした。


応援兼ねて同行したのですが、疲れた~~~(私が)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。