上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンマ・ミーア
1999年、ロンドンで初演以来、全世界170都市以上で上演され、
3000万人以上を総立ちさせているロングラン・ミュージカル
「マンマ・ミーア」・・・その映画版です!!

残念ながら、劇団四季によるミュージカルは見逃しています。
ですので、結構期待して行きました。
なんていったって、「アバ」の名曲で綴られる物語は
懐かしさで、自然に体がリズムを刻むほど!!

メリル・ストリープ
母親役を演じた メリル・ストリープ 良かった~~~!
同世代(ちょっと、彼女が年上だけど)の自分と重ねたり。
彼女の歌、踊りを見ていると「年を重ねるのも悪くないな~!」
皺のひとつ、ひとつが綺麗に見えるから不思議~~~

サービスデイのためか、アラフォー世代(親子だったり)で
超、超混んでいました。
初めてまん前の席で観ました。観づらいし、首は疲れるし・・・
でも、たっぷり元気を貰い帰宅しました。
もちろん、帰りにTSUTAYAでアバのCDを借りて
早速、ダビングして聞いてます!!




秋田新幹線「こまち」
急遽、連れ合いと秋田の母を見舞いに・・・・
生憎、地吹雪体験ツアーをもろに受け大変。
でも、心配した母も年相応に老いてはいるものの
結構、しっかりしていてホッとしました。
このお正月の書初めの字体を見ても
まだまだ、筆の運び、筆の圧、バランス、乱れておらず
「うまいね~~」と声がけ。
時々、自分の世界に入るのは致し方ないもの。
久しぶりの兄、姉との再会。
有意義な旅でした。




春からの生活が激変の様相を呈してきました・・・
このブログも、閉じようかどうしようか迷っています。

息子はお陰さまで元気です!
この春で丸2年・・・先ほど、母校の担任から連絡あり
息子のまじめさが認められ、後輩の就労2名に繋がったと・・・
嬉しい事です。
人の幸せは四つ。愛され、褒められ、役に立ち、必要とされること。
働く事で少なくとも三つは手に入るんだよ。
禅寺の僧侶の言葉だそう・・・・

企業は儲けることも大事、でも人に働く喜びを与えられることが大きい。
この言葉は知的障害者が社員の7割という「日本理化学工業」の
大山会長の言葉。

不況、不況、と心がざらつく実態を聞かされてばかりの昨今、
「働く」ことの根本を、企業も労働者も思い起こすいい機会かも。
なんて、プータロウ主婦の私が言ってもなんの説得力もないね。

「人」を育てる企業は、自ずと成長すると思うのだが・・・
スポンサーサイト
今日から師走。 一日です。 そうそう察しの良い方はもうお分かりですね?
映画のサービスデーですね。
また、また、楽しい映画を観てきました。
CIMG1727.jpg
ヤング@ハート」(クリックしてください、予告編が見られます)
アメリカ、マサチューセッツ州の小さな町ノーサンプトン。
1982年に「やんちゃな年金生活者たち」と評される ”ヤング@ハート”と
呼ばれるコーラス隊が誕生。
世界中を飛び回るこのシンガーたちは、平均年齢80歳のおじいちゃんとおばあちゃん。
実在するコーラス隊の面々の活動そのものが映画になりました。
驚くのは、ザ・クラッシュ ソニック・ユース ジミ・ヘンドリックス などの
ロックンロールナンバーを大きな声で歌い上げる。

指導、指揮者のボブ・シルマン と共に自分たちの故郷で
大勢の観客の前で行うショーの準備に奔走する ”ヤング@ハート”の
メンバーたちの姿を6週間あまりにわたり追ったドキュメンタリー。

このボブ(54歳)が実にいい・・・メンバー一人一人の個性を大切にし
尚且つ厳しい。どうしても、歌として完成しない時はプログラムから外す。
素人だから、年寄りだから、こんなものでいいだろう・・・・の
感触で向かっていないところがスゴイ!!
かといって厳しさでギスギスしているかというと、そうじゃない。
しっかり「愛」を感じる厳しさ。

わずか6週間あまりの間に、メンバー二人が立て続けに亡くなる。
衝撃の中、残されたメンバーは予定通りショーで歌う事を決意。
それは、亡くなった二人の希望でもあること、と信じる。
お世辞にも「上手い」とは言い難い・・・しかし、歌にドラマがある。
一人一人の歌に、それぞれの人生のスパイスが効いていて
とてもアジのある歌、、、ソウル(魂)を感じた。
CIMG1729.jpg
写真の中の、スクーターにまたがった フレッド・ニトル
彼の歌「Fx You」 ケンタッキーのおじさんのような体から
出てくる声は素晴らしい!! 心臓を患い酸素ボンベが欠かせないとは
思えない。
ユーモアに溢れ、優しさに溢れ、生きる力に溢れ
とても楽しい映画でした。 
2008.11.21 母ときた道
雑事に追われドタバタと忙しくしている時の方が
余計に目配り?などしてしまうようで、
思い立って「空也」に電話・・・
最中と空也餅を自宅用に注文いたしました。

銀座並木通りにちんまりと店をかまえる「空也」
うっかりしていると通り過ぎてしまいそう・・・
ここのお店は材料と手作りにこだわり、
おのずと作るのに限りがあるため、電話であらかじめ注文
さらに店まで取りに行かないと手に入らない、という和菓子屋さんです。
保存料など一切使用していないので、地方発送も致しません。

店に着いたら、開店10時なのに進物用にとサラリーマンが列を成しています。
と言いましても、間口一間ほどの店構えですので、大人4人ほどで満員。
店頭はあらかじめ予約しているので、品物を受け取り支払いを済ませたら
すぐ引き上げるのでそれほどの混雑ではありません。

最中で有名ですが、今回は11月、2月しか出ない「空也餅」も購入。
空也餅
半殺しの御餅の中に、甘さ控えめの餡子がびっしり・・・
最中よりもこちらが私のお気に入りになりました。
小豆の香りがしっかり感じられます。控えめな甘さが上品です。
賞味期限は当日中・・・これを携えて埼玉の姉宅へ。
甘い物好きの義兄の針のような細い目が一段と細くなりました。

そして、久々にお気に入りの中国映画。
「母ときた道」 を観て来ました。
母ときた道
めんこい子でしょう~~? 「初恋のきた道」の脚本家が実話をもとに書いたものです。
1980年代中国雲南省、豊かな自然に抱かれた農村が舞台。
知的障害を持つ桜桃(インタウ)と足の不自由な葛望(グオワン)の夫婦、
貧しいながらも支えあいながら暮らしていた。
ある日、桜桃(インタウ)が子供を拾ってくる。紅紅(ホンホン)と名づけ
桜桃(インタウ)は夢中で育てる。
夫葛望(グオワン)は、構ってもらえない寂しさと生活の苦しさから
紅紅を桜桃に内緒でよその夫婦にあげてしまう。
それを知った桜桃は狂ったように紅紅を探し回り、
街を彷徨い歩く。 その姿に、とうとう葛望は根負け
子供を(紅紅)取り戻し、家族の生活をおくる。

後に、紅紅が成長し大好きだった母親が周辺の人と違うことに
気がつき、疎ましく思い始める。
来るな!と言われても、学校に顔をだす桜桃。
紅紅が大好きなさくらんぼを求めて、山々を歩く桜桃。
どんなに紅紅に邪険にされても、一途に愛情を注ぐ桜桃。
いつしかその愛情で自分が居るのだ・・・と感じる紅紅。
貧しくても、惜しみない愛情を注いでくれる桜桃と葛望の期待に応え
紅紅は一生懸命勉強する。
しかし、紅紅の誕生日にさくらんぼを探しに出たまま桜桃は戻らない・・・・

1980年代、、、自分の当時を思い出しました。
1980年中頃、所帯を持ち連れ合いと新生活をスタートさせた頃です。
中国の田舎、、、しかも、、貧しい夫婦の生活。貧しいのは一緒だけど、
レベルが違う、、、どちらが良いとか悪いとかでは無く、国の事情を
垣間見たようで、興味深かった。
娯楽が、葛望が奏でる二胡を聞くくらい・・・と言う農村の生活。
人の生活も関わりも濃密な村社会。
はたして今の中国はどうなんだろう?
(よその国気にしている場合じゃないね、自分の国が瀕死の状態なのに)

帰りにふらふらと立ち寄った公園・・・
皇帝ダリア
「皇帝ダリア」 ブログでおじゃまするにゃん吉さんのところで見た
「木立ダリア」と一緒かしら~?
身の丈が5メートル近くで見上げるお花です。
CIMG1690.jpg
青空に映えて綺麗でしょう?
ダリアのピンクに元気を貰いますね。

でもね・・・東京もすっかり秋ですよ
枯れ葉道
ほらね~~北風がひるるる~~~
枯れ葉が、カサコソカサコソ。
落ち葉
冷えてきました・・・・


「ウオーターボーイズ」「スイングガールズ」で楽しませてくれた
矢口史靖監督の「ハッピーフライト」(クリックしてみてください)
息子の希望で出かけてみました。。。

機長昇格試験中の鈴木が、最終試験となるフライト。
その飛行機が飛ぶまでのドタバタや、飛んでから
トラブルで離陸した羽田に引き返す、そんな珍道中を
航空関連の仕事人模様を絡めて楽しめます。
なんと、引き返す事を判断した羽田には台風の余波が・・・・

映画とはいえ、揺れる機体や恐怖に慄く乗客の様子
機長のトラブルへの正確な対応。
危険を孕みながら、無事に着陸できた時には万感の思いでした(アハハ・・・)

飛行場で働く、様々な人の事も興味ありました。
例えば、バードさんと言われる 鳥追い。
飛行機のエンジンに鳥が巻き込まれると、
そのせいでトラブルが起きて非常に危険な事は知っていましたが
猟銃で(空砲です)それを追い払う、、、そんな仕事もあるのには驚きです。
機長と副操縦士が同じ食事は摂らない・・・
これは、食中毒などで操縦出来なくなることを防ぐため。
二人とも同じ物を食べて、二人ともダウンしてしまったら
大変ですものね~。
女性のあこがれの的であるCA・・・
これが、結構な重労働であり笑顔の陰には
様々な苦労があること!
管制官の指示で、離陸着陸態勢に入る飛行機
その姿も垣間見られて、興味深かった。
実は、姪が管制官をしてます。 夢の実現に向けて
一浪してなってみたものの、一時はストレスで入院したことも
あったっけ・・・・映画でこんな風に仕事してるんだ~~
ますます応援したくなりました。
あ、管制官だからカッコイイとかではないんですが、
どんな仕事も一方ならぬ苦労があって、
飛行機一機飛ばすにも、どんだけの人が関わっているのか、
大変なんだな~~と思って観たのでした。

トラブルに揺れる機内の様子に、
かつての記憶が甦りました・・・・
在タイ当時、インドネシアのバリ島へ。
その帰りの便、忘れもしない「○○ーダインドネシア航空」
夜の便です。機内サービス後は寝るしかない。
しかし、揺れる、揺れる、、、、
食後のコーヒー、カップが飛んでいく~~
お隣のイスラム系のお若いお嬢さんと顔を合わせてみた所で
なんの策にもなりません。
ふと、気が付くと斜め前方の席の白人の紳士
胸で十字を切るではないですか・・・・
ちょっと~~~勘弁して!!降ろして!!
国内の航空会社でしたら、なんらかのアナウンスがあっていいはず。
しかし、なんにも一言もありません。
もしもし無事に帰還出来たら、二度とこの飛行機には乗るものか!!
・・・・で、今に至ってます。
この旅行のすぐ後に、福岡空港でまさしくこの会社の飛行機が
確かオーバーランか何かで、炎上するのを冷や汗もので見た記憶があります。

鉄の塊が空を飛ぶ・・・このこと事態、訳わかんない私。
でも、空港に着いたときのワクワク感、時空を飛び越え、
国を飛び越え移動出来る、このこと事態は大好き!!

おっかしなことに、映画の山場あたりで涙が出てくるんだよね~~
どんな涙??? 考えたけど表現出来ない。
面白かったから~~~と言う事にしとこう!!




14日、息子が仕事を終え帰宅。
なにやらイライラ、イライラ・・・・
聞くと同期の子がお金を貸して、と言うので貸した。
お給料日の日に??
どうやら息子は断りたかったけど、言い出せなくて
不承不承千円渡したそう・・・・
「嫌だ」 言い出しにくいよね~~
特に、お金の事は・・・
でも、言わなきゃね!! 今度はそうする、と息子。
出来るかな?? 信じたい。
CIMG1674.jpg
野暮用に奔走しているうちに、諦めかけていた映画です。
当然終了した、、、と思い映画館のHPを覗いてみると、あれれ~~??
盛況で延長してます!とのこと・・・
これは、逃してはなりません。 金割り(ここの映画館は金曜日が半額)の今日
行って来ました~~!
ホントに混み合ってます(驚きです)

<あらすじ>
9ヶ月前に最愛の夫に先立たれ意気消沈の日々を過ごすマルタ。
(写真 左から2番目)
マルタは80歳、すっかり内にこもってしまった事を心配して
友人が元気付けようと考える。
マルタが昔縫製をしていた事を知った友人達は、破けてしまった
村の合唱団の団旗を直してもらおうと依頼。
みんなで街(ベルン)まで、布地を買いに出かける。
布地屋さんで目を輝かせて、美しいレースに見入るマルタ。
そう、マルタの夢はパリのシャンゼリゼ通りに自分でデザインして
刺繍したランジェリーのお店をオープンすることだった・・・
昔の叶わなかった夢を思い出したマルタ、その実現へと動き出すが・・・

マルタの暮らす村は、スイスの伝統的な小さな村。
日曜日には教会で牧師の説教を聞くことをかかさない保守的な村。
そこに、レースひらひらの「ランジェリーショップ」ですから
皆、度肝を抜かれ大騒ぎ。
終いには笑い者扱い・・・

反対する村人や息子の嫌がらせにも屈せず
マルタはショップをオープン。
友人の後押しもあり、商品をインターネット販売する策を講じ
注文が殺到!!

夢を諦めず新しいことにチャレンジして行くマルタと友人達。
冷笑していただけの村人や息子も、次第に気持ちに変化が・・・


*****なんとも、元気なおばあちゃん達です
でも、やはりいくつになっても夢を持ち、実現に向けて動く気持ちを持つ!
これって大事ですね。

80歳まで、あと30年弱の私・・・
何か出来るかな???なんて気持ちにさせてくれた。
そろそろスイッチ入れてみるか。





もう、11月も中旬です。
今年は早めに大掃除を済ませて、師走はゆっくりのんびり
年賀状の準備・・・
昨年は息子の事で、暮れもお正月も無かったに等しかった。
今年は、家族でゆったり過ごせるよう整えてます。
でも、連れ合いは大晦日に帰京。息子は年末年始関係無い仕事ですので
いつもと変わりない毎日かと思いますが・・・
それでも、気分だけはね! それなりに。

大掃除、、、念入りに掃除すると気持ち良い。
でも、悩みは「手荒れ」
いつもガサガサ、ゴワゴワで嫌になるのよね。
今回は、洗剤に頼らず「重曹」でやってみました。
そして、水仕事の後には コレッ↓↓↓
CIMG1677.jpg
この秋に発売された物。 すご~~~く良いです。
スベスベ、しっとり。
洗剤を避けたのも良かったのでしょうか?!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。